iPhoneの最新情報

iOS 11.4 新機能「USB制限モード」を搭載。

「iOS 11.4」の最新ベータ版には、セキュリティ対策として「USB制限モード」らしき機能が追加されているとのこと。

だんだんセキュリティが強化されて厳重になるiPhone、これは便利なのか不便なのか?使ってみないとわからない機能だ。

情報元でもある、ElcomSoft blogによると、「USB制限モード」は「iOS 11.3」のベータ版にはあったが、正式リリース版には含まれていなかったと伝えている。

正式リリースは「iOS 11.4」にしたのは何か意味があるかもしれないが、はっきりとはわからない。

iPhoneのセキュリティをさらに強化

「USB制限モード」の機能面は?

デバイスがロック解除された状態で、最低でも1週間に1回、Lightningコネクタで接続もしくはパスコードを使用してロック解除をしないと、Lightningポートはデータ通信が不可能になり充電専用ポートになってしまうという。

ん?複雑な機能と感じるには気のせいか?

この機能はAppleがロックされたiPhoneにアクセスしようとするFBIや政府機関などからiPhoneを守るための対策として導入したとのことなので、個人使用にはあまり向いていない機能となる。

Grayshift社が開発した、iPhoneのロックを強制的に解除する「GrayKey」などのデバイスからiPhoneのデータを抜き取られることを阻止することが可能になる。

Appleはプライバシーを重視する企業体制は徹底的に貫いている。

充電専用ポートなんかになってしまったら・・・・えええw

iPhone「トリプルレンズ搭載機種」2019年に少なくとも1機種登場予定か 「iPhone SE2」「iPhone X Plus」「iPhone X」のコンセプトイメージ!これは期待できる。 「iPhone SE2」ディスプレイサイズは4.7~5インチの「iPhone X」デザイン。
参考 iOS 11.4’s USB Restricted Mode prevents tethered cracking attempts, Lightning becomes charge-only | 9to5Mac9to5Mac